カリカリが良いと思ったら間違いだった!

ブロガー猫餌喜ぶ食感が好き
食べ飽きないおいしさ。
猫がよく食べるならOK

人間でも、ジャンクフードや
外食よく食べますね。

猫にもカリカリが好みだったら、
たくさんあげても喜んでくれる。

ポテトチップスが好きだからと、
3食+おやつにポテトチップス食べていい?

いいわけないですね。

猫にはカリカリが良いかは
実は間違った常識があるんです!

ドライフードは生とかけ離れている

固形物だともともと消化に悪い。

ローフード知ってますか?

生で食べる食事のことです。

肉でも乾燥させて固形のドライフードになると、
食べにくさが出てきます。

生の肉というと、手料理で与えるか、
ウェットフードや猫缶を与えます。

カリカリは、固形なので
噛み砕かないと食べられない。

消化にとっても悪いことがたくさん

未消化だとウンチが臭くなるとか、
デメリットが多いのです。

ウェットフードでももちろん、
良いところと悪いところがあります。

と言っても、モンプチのカリカリか、
ウェットの缶、パウチかではなく、
内容の問題。

食べて害がある?

いらない栄養素をたくさん取ると、
猫でも病気になりやすい体に!

キャットフードとカリカリ

ドライタイプはメーカーにとって都合の良い品物。

猫の健康にとって良いか。

ドライフードでも、栄養が多いのが良いところ。

あなたは野菜食べてますか?
食べなくても生きられる。
でも、食べておくと良いこともある。

カゼをひきやすかったり、
疲れをためこみやすい。

猫にも疲労や不調はあります。

カゼをひいてしまうこともあるんです。

動物病院へ行くのは、
猫が拒絶反応をするので、
連れてくのが大変。

だからキャットフードで、病気にならないように
気をつけてあげましょう。

カリカリだと、ウェットと比較すると、
いろいろな成分が入ってます。

炭水化物のコメや小麦は必要か?
たくさん与えすぎて肥満傾向か?
そもそも自分の猫にあうものはなに?

飼い主の方がカリカリの種類や、
選び方を知っておかないと、
愛猫の健康と寿命にも関わってきます。

メーカーや価格だけで選ぶと、
体に合っていないものを与えることに。

炭水化物はどのくらいあげるか?
グレインフリーが本当に良い?

日記をつけたりすると、
どのカリカリが良くて、
どれが合っていなかったかわかります。

獣医師から指定されることもありますが、
やはり美味しく食べてくれるものが一番。

ウェットタイプ、おやつのトリーツ。
これも高カロリーで太りやすいですが、
与えておくと、食べやすくて、
食べ飽きも防げる。

ムラ食いするのは、何もモンプチが好きだからでなく、
猫はもともとムラのある生き物だから。

キャットフードで「吐いて大変だった!」

こんな飼い主の悩みもあります。

カリカリの良いところと悪いところ、
与え方で長く付き合えます。

本当に入院や手術することになると、
費用も高額になってしまいます。