価格と品質 キャットフードの内容

主婦女性猫オーナーついつい安いもの
買ってしまいますね?

1パック1000円以下

1パックでは重量がそれぞれ違います。500グラム前後から1.5キログラム。グラム単価で1円以下のキャットフードは激安です。よほど大量生産しているので安い。

激安だから低品質なのでしょうか?けして高品質ではありませんが、食べられないようなものではないのです。ただ、ジャンク品のような食事だとして、食べられるのか、添加物やほかの副作用はないかなどが心配です。

1パックで1000円以下は1グラムあたり最安だと0.3円前後。1グラムあたり1円以下だと安いキャットフードということができます。その内容は「ミール」という副産物がほとんどです。

これは食材の副残物で、残ったものや余ったものを再利用したものです。使い捨てになるような部分をペット用の食事として加工したものでした。

1パック2000円以下

1000円以上2000円未満クラスになると、やや高級なキャットフードです。パッケージにも高級なイメージで、「和の極み」などというリッチな名前が付けられています。

モンプチは少しだけリッチという意味のように、けして値段が高いものではありません。このミドルクラスのキャットフードは、激安なフードと比較しても実は内容に違いが少なかったりします。

原材料、栄養成分表示で比較するとあまり変わりがないことに気づきます。では何が違うのでしょうか?違う部分はミールかミールでないかという部分でしょう。

低価格な素材を使っているところが安い。1000円~2000円クラスのキャットフードでは、激安な素材を使っていないから中くらいの価格帯にあると言えます。

1グラムの単価では、1円~2円前後です。1.5キログラムパックでそこそこの価格帯というクラスでもあります。ヒルズサイエンスシリーズなどがあります。

ヒルズサイエンスキャットフード

コンビニやスーパーで置いてあるなかでは、高級品です。しかし、もっと贅沢なのが1パックで3000円以上のキャットフードです。2000円以下のフードと比較すると、違いがはっきりとしています。

1パック2000円以上

オリジン

1パックでの量が1.5キログラム以上。量が多いから高いとは言えません。グラム換算すると、1グラムあたり2円以上がプレミアムクラスです。このクラスになると。1.5キログラムで3500円~4000円ぐらいになります。

この価格帯のキャットフードは、スーパーやホームセンターなどでは手に入りにくくなります。ペットショップやペット専門店、他にネット通販で購入できます。プレミアムという名前こそないですが、特徴は「無添加、天然、グレインフリー」です。

メーカーによって、違いが大きいので乳酸菌入りや豪華なフルーツ入のもの、完全無添加で保存料すらも入っていないナチュラルフードもあります。

ロイヤルカナンも価格は高級品ですが、内容としてはミドルクラス。他のフードが安くて、ロイヤルカナンは少し高いというところでしょう。以前はロイヤルカナンも高級品でしたが、低価格化が進んでいます。

プレミアムフードはナチュラルさから、肉の素材へのこだわりが強いです。量産品やミールではない、肉を使用してます。放牧されたものや完全に天然物を使用してます。

ウェットフード

ウェットフードでは価格は高いものです。一つあたりは100円ぐらいですが、グラム換算するとドライフードよりは高いことがわかります。ドライフードが0.3円~2円前後に対して、ウェットフードでは1円~10円ぐらいと高いものです。

キャットフードのウェットタイプでは、ほとんどが肉です。肉なので、小麦などを主原料としてドライフードよりは高くなるのです。

ウェットフードは主食としては食べません。ふつうは副食からおやつのようにご機嫌とりで与えます。価格が高いこともありますが、肉100パーセントよりは他の栄養成分が入っているとよいからです。

総合栄養食がよいとされています。これは獣医師の意見で、人でも同じようにビタミンやミネラルなどが不足すると病気がちになるからです。

ウェットフードは猫の必要な栄養素のタウリンが入っています。獣医学によると、このタウリンが不足すると致命的に命に関わることがわかっています。

だから手料理やねこまんまではいけないわけです。猫缶のようなウェットタイプを与えないといけません。

まとめ

猫の食事というと、安くすませたいという飼い主の人が多くいます。コンビニやスーパーで、ついついと安いものを買ってしまうからでしょう。

たしかに低価格なキャットフードでも、最低限必要な栄養はとれます。ただ、現代はナチュラル志向にかえろうという傾向もあります。体にいらないもの、これは添加物や多すぎる糖質などです。

激安品ほど、猫にとっていらないものがたくさん入ってます。添加物類は少しの量なら危険ではありませんが、多いと問題視されます。

価格帯がワンパックで1000円以下というと、コストパフォーマンス重視。1000円~2000円ぐらいは価格のわりにはそれほど高品質ではないこともあります。

どのメーカーのどの商品がいいのか、選ぶ時代です。多くの飼い主の人が、「どれでもいい、商品名は知らない」という意見があります。そろそろ商品名を指名して、キャットフードを選ぶ時代になるでしょう。