老猫でも食いつきよく食べさせる方法とは?

ブロガー猫餌喜ぶなぜか食事量が減った。
一日食べないことありませんか?

老猫、シニアになると食べにくくなってきます。
これはあることをすれば、
食いつきが良くなって、
モリモリとよく食べるようになります。

キャットフードを変えるだけでも、
今すぐ効果を実感。

長く生きられるような、
健康的な食生活の送り方をご紹介。

ドライ、ウェット?

猫の好みはありますが、
ウェットよりはドライがいい。

食べ慣れていることがあります。
でもウェットも食べだすと、
カリカリよりもよく食べることがあります。

特に10才、15才くらいになると、
噛むのも食べづらくなってくるからです。

ウェットフードは価格が高いので、
ドライフードよりもコストがかかります。

主婦女性猫オーナー価格が高いからカリカリ。
ドライフードでもいいところあります。

シニアになると、歯の病気もあるので、
ウェットた良いこともあります。

よく下痢したりするなら、
ウェットに変えたら良くなる例もあります。

ただ総合栄養食や療法食にも、
シニアにとって良いものがあります。
総合栄養食はドライフードなのです。

キャットフードだと、
比較してみたり混ぜるのは普通。

ヘアボールコントロールや、
猫缶、パウチのウェットフードです。

10歳頃だと、食べ飽きというよりも
食欲や食べにくさなどが出てきます。

解決方法

ドライフードは固形物。
硬いものでガリガリと音をたてて食べます。

これはシニア猫にとっては負担。

お湯をかけたり、
レンジでチンしたりして、
食べやすくできます。

食べやすくさせることが、
大事なポイントになってきます。

例えば他にも、高級なキャットフードを
少し食べさせてみて様子をみましょう。

体に合わないものもあるので、
少しずつ変えることをおすすめします。

格安キャットフードだと、
添加物類や雑穀類など、
食べにくいものが多いのが残念。

ナチュラルな食材だと、
体にとってストレスが少い。

体調が悪くなってくると、
よけいに食事に気を使います。

無添加のキャットフード、
グレインフリー、
高タンパクで丈夫な体を作る。

10歳すぎたシニア世代ほど、
キャットフード選びが大切。

動物病院の指定でも、
インフォームドコンセントは大切。

私達一般人にもわかるような説明があること。

飼い主、猫にとっても、
「何が良いか?」

わからないからです。

キャットフードの与え方。
一日の給与量。
食べないことは危険ですが、
食べ過ぎも問題視されてます。

食事制限したら、急に体が軽くなった。

ヒトでも猫でも体調が良くなることはあります。

老猫だと、絶食状態は危険なシグナル。
食べてくれるようなトッピングをしましょう。

キャットフードでも比較して混ぜてみたり、
気に入ったものを選びます。

療法食のロイヤルカナン、ヒルズのサイエンス。
食べてくれるならいいですが、
食べにくいことがデメリット。

キャットフードは老猫になると変えることが多くなります。

7才以上、10才以上という、
アダルト向けよりは高齢猫向けがあります。

どちらにしても動物病院の先生の指示を
よくきくことです。

猫草は食べさせてもいいか?
アレルギーや体質の影響はあるか?

ウチの猫に何がいいかは調べていけばわかってきます。

グレインフリーがよかったら、
続けてみましょう。

療法食が良いなら療法食です。